mixiチェック

2012/12/16 ザ・キャプテンズpresents『失神天国』@渋谷Milky Way

mixiチェック

LIVE:ザ・キャプテンズ / ピアノゾンビ

新メンバー2名を加えて初の全国ツアー、 そのファイナルの対バンに選ばれたのはピアノゾンビ。 ありそうでなかったこのツーマンライブは噂が噂を呼ぶようにものの見事にSOLD OUT!

当然フロアは超満員、先手ピアノゾンビがグリーンの照明を背に妖しく登場。 オープニングナンバーは『HOLD ME DIE』、一見ドーランを塗ったように(※注:飽くまで素肌です)真っ白な顔面のホネヌキマン様が滑稽に見えるが耳と目でそのステージに向き合ったとき歌詞の切なさをとその表現を理解する。

一瞬の空白を挟んで『Hey You!!』こちらもヘッドバンギングや振り付けという盛り上がる要素がふんだんに盛り込まれつつどこか哀愁を誘うメロディーが単純なパーティーソングになることを許さない。

そう、ピアノゾンビの楽曲は往々にして抜群なポップセンスを宿しながらどこかにチクリと胸が痛むようなフレーズが散りばめられており、その棘の正体はよく歌詞を読んでみれば尚更だ。 先述のホネヌキマン様(全身白スーツに白塗り。キーボード、ダンス等担当)だけでなくゲボクという構成員も属しており、概ね雑用やイジられ役を司っているのだが(HPには「担当:ホネヌキマン様のワインを注ぐ事」とさえある。)双方お客さんを笑顔にすることに努力を惜しまぬ努力家で、ホネヌキマン様に至っては『世界平和』という崇高な使命があったりする。 それは迫害された過去があるゆえ平和を望むようになった、という妖怪人間ライクな憶測を呼び起こすように思えるんだ。

『みんなみんな生きているんだ友達なんだ』 そんな童謡が教えてくれたことを大人になって今、ROCKサウンドに乗せて思い出させてくれる。 とても楽しく、決して辛気臭くなんてなく。 これがエンタテインメントでありメッセージはROCKそのもの。

個人的にこの日初めて聴いた『夕暮れ沈む繰り返し』『ゾンビの光』、 ずっとライブで聴けずにいた『世界平和ロックンロール』など 60分間のステージは普段やらないような曲も演奏されて大満足。

15分の転換時間を経て後攻にして主役はザ・キャプテンズ! 優しくも麗しい5人の貴公子がステージに姿を現すとグルーピー(※ファンの呼称)達の黄色い声がカラーテープのように宙を舞う。

『はじめてあったその日から 恋の花咲くこともある 最後のGSバンド、ザ・キャプテンズです!』

お約束の口上が心地好い安心を齎す。

1曲目は『二人はダイアモンド』、60年代のイギリスと日本が邂逅したインターナショナルな1曲でジラすようにこちらの熱を計ってくる。 すかさず続いて『ハートにピットイン』! 一息に盛り上がれと言わんばかりのクラップハンズや「おまえのハートにピットイン」というフレーズに合わせて振り付ける両手がフロアを埋め尽くす。

傷彦様のニヒルなMCはいつだって最高だ。 メンバー紹介だって負けてない、バランス良く配置された5人のメンバーはカラーリングによる色付けなど必要とせずとも1+1+1+1+1=5であり5=1+1+1+1+1であることを体現できている。 昨日今日はじめたばかりのバンドじゃこうはいかないだろう。 (加入したてのケイ伯爵のポジション取りも凄いものがあるが)

中盤で披露された『ノー・ノー・コールミー・ボーイ』では抜群のコーラスワークを、『ジャングル・ジャングル』前には小芝居とは呼べないほどシッカリとした小芝居を、『ハングオーバーベートーベン』ではベースのテッドが本日限定のオリジナルカクテルを一気する場面も。 そのどれもがキャラクター、セリフ、間。そしてハズしのMC、 芸能の域にまで練り上げられて一本の演劇を見ているような気さえしてくる。

終盤は『失神天国』『恋は赤道直下』、お待たせしました!と言わんばかりのキラーチューン祭りに加えて 『恋のゼロハン』ではなんとホネヌキマン様を背中に乗せてタンデム!(※注:エアバイクです) ツーマンライブならではの醍醐味もシッカリと提供し本編を締めくくった。

不況不況と嘆かれる中でもとりわけお金の回っていないROCKシーンですが、 ライブハウスを飛び出して例えば町役場、例えば老人ホームなんかでショーを行ってもそこにいる老若男女を楽しませる、満足させることのできるこういったバンドが停滞している音楽シーンの突破口足りえるのかもしれない。

みんなに楽しいバンド、 『そう全ては愛ゆえに!』

(2013/1/1 report by O-ant)


一覧に戻る